スクーピーのボディカバーの破損部分をFRPで作成する。その1




ボディカバーの破損部分をFRPで作成する。その1

とりあえず、養生テープで大まかに覆う。

DSC_0192

発泡スチロール使用するつもりが、使いにくかったので急遽ベースをボール紙を使用。

ハサミでサイズと形を整えながら整形し、養生テープで固定。

DSC_0193

型をとるつもりなので、少し大きめに紙粘土を盛る。

DSC_0196

上から見たらこんな感じ。まぁ、上出来かなぁ。

DSC_0197

で、乾くまで放置・・・。

 

乾きましたが、ここで問題が・・・。

まず、紙粘土が浮いてきて少し形が崩れた。

あとは、忘れていましたが紙粘土なので、ヒビが・・・。

DSC_0199

結局。取り外すときに崩れそうだったので、少し粘土を盛ったあと取り外しました。

DSC_0201

こんな感じです。

型を作ってと思っていましたが、ここからFRPを整形して行くことにしました。

 

試行錯誤というよりは、行き当たりばったりって感じです(汗

 

追記 スクーピーのボディカバーの破損部分をFRPで作成する事を考えた

スポンサードリンク

ランキングサイト にほんブログ村 人気ブログランキング


About the Author

mopedrider
生息地:愛媛県 愛車 : 台湾YAMAHA製 BW'S100(100cc) バイクでの日本最北到達地点 青森県 竜飛崎 バイクでの日本最西到達地点 愛媛県 (どこだろう・・・汗) ※目標ですが、2016年中に佐田岬まで バイク歴 1台目:HONDA NS-1(50cc) 2台目:KAWASAKI BALIUS(250cc) 3台目:HONDA READ(90cc) 4台目:HONDA SPACY100(100cc) 5台目:HONDA TODAY(50cc) 6台目:台湾YAMAHA BW'S100(100cc)

Be the first to comment on "スクーピーのボディカバーの破損部分をFRPで作成する。その1"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*