修理に出していた、腕時計が帰ってきました。




市内の老舗の時計店に、腕時計の修理をお願いしていました。

まず一本目、16年ほど前に自分で購入した腕時計で、

最近、時間・アラーム・クロノグラフの切り替えが、上手くいかなくなっていたため修理に・・・。

DSC_0894

RICO TEIKSIS

オールチタニウム製・10BAR ・ 10気圧防水・アラーム・クロノグラフ・ソーラー電池

 

時計屋さん曰く、中の電池交換したら直りました・・・。って、言っていました。

ソーラーなので、中の電池 = 二次電池 と理解。

修理代が、数百円で済みました^^

 

ソーラーもまだまだ現役で十分使えます^^

さすが 日本製と言ったところでしょうか。

 

しかし、ネットで同じ時計を調べていると、アンティークなんて書いてあったりします。

まだ、16年しかたっていないのにアンティークなんて書かないでほしいなぁ^^;

 

次に、二本目。

こちらは、出所不明(本当は解っておりますが・・・)で家にあった時計。

DSC_0891

DSC_0892

FRANCK MULLERフランク ミュラー) って文字盤に書いてあります。

 

ちょっと勿体ないので修理に出してみました。

本物のはずがない。と思いつつ、

本物だったら、ラッキーだなって打算がありましたorz

 

もともと外見では、文字盤の針が一本外れていたくらいだったので、

文字盤に針をはめて、電池交換くらいだったら、

修理代も安く上がるだろうって思っていました。

結構、本格的に壊れていたらしく、中のギアが欠けていたりして、

修理代が、かなり高額になってしまいました。

 

時計屋さんに、本物?って聞いたら、即答で「違います」って言われました。(笑)

 

まぁ。手巻き式の時計だったため、修理代はかかってしまいました。

パチもんやったとしても、手巻き式の機械式時計。

もともとは、結構高かったのでは?って思っております。

詳細はわかりませんがね・・・。

 

自分で使おうかとも思ったのですが、時計のサイズが大きすぎるので、

家族に大切に使って貰おうとおもいます(笑)

スポンサードリンク

ランキングサイト にほんブログ村 人気ブログランキング


About the Author

mopedrider
生息地:愛媛県 愛車 : 台湾YAMAHA製 BW'S100(100cc) バイクでの日本最北到達地点 青森県 竜飛崎 バイクでの日本最西到達地点 愛媛県 (どこだろう・・・汗) ※目標ですが、2016年中に佐田岬まで バイク歴 1台目:HONDA NS-1(50cc) 2台目:KAWASAKI BALIUS(250cc) 3台目:HONDA READ(90cc) 4台目:HONDA SPACY100(100cc) 5台目:HONDA TODAY(50cc) 6台目:台湾YAMAHA BW'S100(100cc)

Be the first to comment on "修理に出していた、腕時計が帰ってきました。"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*