Biostar H61MGC の不具合とCMOSクリア




Biostar H61MGC を 使っている サブPC を立ち上げ時に、CMOS fail の文字が出てきて、

windows 10 自体は立ち上がるのだけど、キーボードとマウスが動かない。

起動してからは、全面のUSBではマウスを認識し動きましたので、

通常終了し、とりあえず電源コードを抜き、リチウムイオン電池 CR2032 をとりました。

一晩放置しましたが、全然変化がない。

そこでCMOSクリアを実行することにしましたが、さてここで問題が・・・。

マザーボードの箱はあっても、取説がありませんでした。

ネットで調べていたら、マザーボードの取説をネット上で発見しました。

 

Biostar H61MGC / H61MLC マザーボード 取説

http://www.manualslib.com/manual/444180/Biostar-H61mgc.html?page=1#manual

Biostar H61MGC / H61MLC マザーボード 取説 配置図

http://www.manualslib.com/manual/444180/Biostar-H61mgc.html?page=6#manual

CMOS クリア の ページ
Biostar H61MGC / H61MLC マザーボード 取説 JCMOS1: Clear CMOS Header

http://www.manualslib.com/manual/444180/Biostar-H61mgc.html?page=17#manual

 

英語版なので、googleさんに翻訳してもらい作業をしました。

 

1 AC電源ラインを外します。
2 ジャンパーを「近いピン2-3」に設定します。
3 5秒待ってください。
4 「ピン1-2クローズ」にジャンパを設定します。
5 AC電源をオンにします。
6 最適なデフォルトをロードして、CMOSの設定を保存します。

書いてあるとおり、CMOS クリア をおこないました。

慎重に行いまましたが、今度は電源が入らなくなりました。

 

USB接続していた付属品を外し、電源をいれてみると、普通に起動しました。

起動画面で、CMOS fail の文字も無くなりました。

キーボードもマウスも、背面接続で使えるようになりました。

いろいろ確認しながら、USB接続をおこなっていきました。

 

作業中に気が付いたのですが、USB接続していたスピーカーの故障していました。

電源の入らなかった原因は、USB接続していたスピーカーだったみたいです。

 

今となっては詳細は不明ですが、スピーカーの故障が、CMOS fail の出た原因なのでは?と思っています。

 

作業をしてから数日たちますが、作業終了後からはエラーは出ていません。

 

Biostar H61MGC の不具合とCMOSクリアについて覚え書き程度ですが残しておきます

 

メーカーホームページ Biostar H61MGC

http://www.biostar.com.tw/app/en/mb/introduction.php?S_ID=547

スポンサードリンク

ランキングサイト にほんブログ村 人気ブログランキング


About the Author

mopedrider
生息地:愛媛県 愛車 : 台湾YAMAHA製 BW'S100(100cc) バイクでの日本最北到達地点 青森県 竜飛崎 バイクでの日本最西到達地点 愛媛県 (どこだろう・・・汗) ※目標ですが、2016年中に佐田岬まで バイク歴 1台目:HONDA NS-1(50cc) 2台目:KAWASAKI BALIUS(250cc) 3台目:HONDA READ(90cc) 4台目:HONDA SPACY100(100cc) 5台目:HONDA TODAY(50cc) 6台目:台湾YAMAHA BW'S100(100cc)

Be the first to comment on "Biostar H61MGC の不具合とCMOSクリア"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*